ARTIST

ARTIST

廣川玉枝

ARTIST

廣川玉枝TAMAE HIROKAWA

http://www.somarta.jp

ファッション、グラフィック、サウンド、ビジュアルデザインを手がける 『SOMA DESIGN』を設立。同時にブランド 『SOMARTA』 を立ちあげ 『東京コレクション』 に参加。第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。単独個展 『廣川玉枝展 身体の系譜』 の他Canon 『NEOREAL』 展、TOYOTA 『iQ×SOMARTA MICROCOSMOS』 展、YAMAHA MOTOR DESIGN 『02Gen-Taurs』 など企業コラボレーション作品を多数手がける。2017年SOMARTAのシグネチャーアイテム 『Skin Series』 がMoMAに収蔵され話題を呼ぶ。2018年 『WIRED Audi INNOVATION AWARD』 を受賞。

Established SOMA DESIGN, a company that handles fashion, graphic, sound and visual design. At the same time, launched the brand SOMARTA and participated in the Tokyo Collection. Received 25th Mainichi Fashion Grand Prix New Face Award and Shiseido Encouragement Award. She held her solo exhibition: Tamae Hirokawa - Body Genealogy, and also had many collaborations such as NEOREAL with Canon, iQ X SOMARTA MICROCOSMOS with TOYOTA and 02Gen-Taurs with YAMAHA MOTOR DESIGN. In 2017, SOMARTA’s signature item, Skin Series, was acquired by Museum of Modern Art. Winner of WIRED Audi INNOVATION AWARD 2018.

  • Skin series ATLAS 2018

    人体にあわせて360度継ぎ目なく設計し、高密度に編むシームレス製法で生み出すSkin Seriesは「身体における衣服の可能性」をコンセプトに開発された無縫製ニットです。
    光と影の陰影を意識し、身体の部位に沿ってデザインする事によって、衣服を超えた美を追求し、身体の夢を実現しています。
    最新作ATLASは、「Japon-Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018_ EXHIBITION at Muséedes Arts Décoratifs, Paris 2018」をはじめとする展覧会に出品。開発初期のSkin Series ROBINはニューヨークMoMAで開催された「Items: Is Fashion Modern?, 2017」展に出展・収蔵され話題を呼ぶ。

    撮影: SINYA KEITA (ROLLUPstudio.)
  • ASURA 2015

    デジタル技術の発展によって、修正や複製を容易にし、生産速度を高めてきました。一方で、この技術は職人の感覚に委ねられる手工芸的側面を持ち、今迄に表現することの出来なかった3次元のものづくりを実現します。クリエイター個のアイディア、あるいは職人の感覚に委ねられるデジタル技術は、量産の道具であると同時に、新時代の工芸技術とも成りえます。本作は3D printingによる工芸を追求する”デジタルクチュール”の習作であり、身体拡張服のプロトタイプです。「OUT OF HAND:Materialising the Digital Exhibition at Powerhouse Museun(MAAS), Sydney ほか」出品作

    撮影: Takeshi Fukui (SOMA DESIGN)
  • Skin & Bone chair 2008

    骨格があり、筋肉があり、皮膚を纏っている身体。この椅子はこれと同じ考えで、構造となる骨格、それに纏う皮膚、骨格と皮膚の狭間の空間が柔らかな筋肉となって存在します。皮膚を脱げば骨格は自立して存在し、また新たな皮膚を纏う事も可能です。「Canon NEOREAL Exhibition at Milan Design Week,2008/Out of Hand Exhibition at MAD Museum, NYC 2013 ほか」出品作

    撮影: Takeshi Fukui (SOMA DESIGN)
    ©SOMA DESIGN
  • The Secret Garden 2008

    どこまでも続くスキンガーデンの世界と、その皮膚を身に纏う花園の住人達。そこに広がる奥行きのある舞台装置のような花園は、キヤノンの最新大判プリント技術により空間を包むような神秘的な雰囲気を醸し出しています。花園をイメージした無縫製ニットのスキンシリーズツリーとプリントで表現するスキンテクスチャーや、ガーデンチェアをイメージしたインテリア家具とあわせて構成されるインスタレーション作品。「Canon NEOREAL Exhibition at Milan Design Week 2008 ほか」

    ©SOMA DESIGN